おきサポとは

 「地域若者サポートステーション」は、長い間仕事に就いていなかったり、自宅にいてなかなか社会に出られない若者、高校等の学校に行きづらくなっていたり、行けない若者のために、国の委託を受けて、相談やジョブトレーニング、様々な自立支援プログラムを通して、就労支援、復学・転学支援を実施している支援機関です。
 
 厚生労働省では、平成18年度より全国の各自治体に「地域若者サポートステーション」を設置し、地方自治体および地域の支援機関と連携のもと、若者の自立に向けた総合的な相談・支援を始めました。平成22年度は、全国100箇所の「地域若者サポートステーション」で、それぞれの取組みを行っています。
 
置賜若者サポートステーションは平成22年度、初受託☆ 地域の若者、青年が一緒に元気に、笑顔になれるように精一杯頑張ります。
 
 現在、就労しているけどなかなか仕事に行きづらい、学校には行っているけど不安な事がある、そんな方の相談にも対応しています。
 
委託を受けているNPO法人With優は2007年の立ち上げより、地域の子ども達、大人が自分らしさを大切に生き生きと幸せに生きる事の出来る社会を築くために、フリースクールを中心に活動・挑戦しています!
 
若いスタッフが中心となり、各NPO団体、行政機関、地域の事業所のみなさんの支援と協力の元、本気で地域の子ども達、若者の応援をしています!
一人の笑顔のために、そして地域に笑顔が広がるために、全力でサポートします!!
 

staff.jpg

厚生労働省委託事業
置賜若者サポートステーション
特定非営利活動法人With優
白石祥和
【個人情報と保護の範囲】
置賜若者サポートステーションが定める個人情報とは、個人の氏名、年齢、生年月日、性別、住所、電話番号、家族構成、電子メールアドレス、経歴、職歴、勤務先、勤務先住所、勤務先電話番号、その他の個人を識別できる情報、あるいはこれらの情報を2つ以上組み合わせることで、容易に特定の個人を識別し得る情報をいいます。

個人情報の範囲は、当団体の事業活動や支援サービス提供の過程で収集した、個人を特定できる情報を範囲とします。それらは、当団体の提供する事業、関係団体からの提供情報、支援業務を行なう事務手続き等における過程で、書面、電子媒体、ウェブ等を介して収集した個人情報のこととします。

【個人情報の収集と利用目的】
当団体は個人情報を下記の目的のために収集・利用します。

☆相談を目的とした個人情報の収集・利用
・就労や復学・転学・進学に関する相談及び、助言を提供する目的で、個人情報を収集し、あるいは利用いたします。
☆キャリア形成を目的とした関係団体からの対象者の個人情報の収集と提供
☆その他支援業務を行う際に、付帯する事務手続き等における個人情報の収集と利用